2013年06月24日

国民年金納付率、59.0%=7年ぶり改善―厚労省

厚生労働省は24日、2012年度の国民年金保険料納付率が前年度比0.3ポイント増の59.0%となり、7年ぶりに改善したと発表した。未納が続けば強制徴収で差し押さえになると知らせる「特別催告状」を送る取り組みを、12年度から全国で実施したことなどが改善の要因とみている。
ただし、目標の60%には届いておらず、依然として低水準にとどまっていることから、厚労省は「厳しい状況との認識は変わっていない」と指摘。免除制度対象者への周知や、高所得の未納者への強制徴収などの取り組みを進め、「納付率の引き上げに全力で取り組んでいきたい」としている。



【PR】解雇リストラ・・・厳しい情勢下での労務管理のポイント


banner_02.gif
↑人気ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。
posted at 14:26 | 最新ニュース

2013年06月14日

国民年金保険料の2年分前払い

厚生労働省は国民年金の保険料で、2年分の前払いを2014年4月分から認めることにしました。保険料をまとめて前払いすると割引になる制度で、現在は1カ月分と6カ月分、1年分があります。1年分の場合の割引額は年間3,780円、2年分は2年間で1万4千円程度割り引かれます。支払い方法は口座振替のみとする予定。低迷する納付率の改善につなげる狙い。

若者を中心に未納問題は根強く、2011年度の国民年金の納付率は過去最低を更新しました。厚労省としては前納制度のお得感をアピールして、納付率の改善につなげたい考え。ただ、低所得者には一度に30万円を超える納付は難しいとの指摘もあります。

2013年度の保険料で計算すると、本来の納付額は36万960円だが、2年分の前払いをすると34万6600円の支払いで済む。



【PR】セクハラ対策ガイド・・・職場のセクシャルハラスメント対策は事業主の義務です。


banner_02.gif
↑人気ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。
posted at 16:12 | 最新ニュース

2013年06月04日

支給年齢引き上げ、早期検討を=国民会議

政府の社会保障制度改革国民会議は3日、公的年金制度の課題を議論した。

現在、国民年金で原則65歳となっている支給開始年齢について、早期に引き上げを検討する必要があるとの意見が大勢を占めた。清家篤会長は終了後の記者会見で、私見として「67、68歳、あるいはもう少し上の方まで引き上げていくのは、あってしかるべきではないか」との認識を示した。

支給開始年齢の引き上げは、高齢者の雇用確保対策とも関係し、準備に時間がかかるため、委員からは「できるだけ早期に議論を始めるべきだ」などの意見も出た。


【PR】ベルギー年金・・・複雑なベルギーの年金請求をお手伝いします。



banner_02.gif
↑人気ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。
posted at 07:42 | 最新ニュース
国民年金 ・厚生年金確定拠出年金

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。