2008年12月20日

基礎年金の国庫負担割合来年4月から引き上げへ

中川昭一財務相と舛添要一厚生労働相との大臣折衝において、来年4月から基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げることで合意。当初2年間の財源は財政投融資特別会計の積立金で一時的につなぐ考えを表明した。

年金制度への信頼が揺らぎかねない事態だっただけに、「首相官邸主導」での予算編成が印象づけられたようだ。
posted at 08:58 | 最新ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。