2009年02月13日

まるで税務相談

某社会保険事務所の年金相談窓口へ行って来ましたが、今日はとても待たされました。とても回転率が悪いのです。
原因は、年金相談の窓口なのに相談に訪れた方々が税金の相談をしているからです。
扶養家族に入れるかどうか?という質問から、税金はいくらになりますか?という質問まで聞こえてきました。
確定申告の季節なので、税金のことが気になるのはわかります。社会保険事務所の職員も丁寧に対応してくださっているのもわかります。
しかし、相談ブースで、
「年金収入がいくらで・・・給与所得ががいくらで・・・基礎控除がいくらで・・・税金はこれくらいになります」と計算機をたたいているシーンも見たときには、さすがに「ここは税務署じゃないだろうに!」と思ってしまいました。

職員の方も丁寧な対応はわかりますが、もう少し考えて欲しいと思うのであります。
posted at 00:31 | 社労士のつぶやき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。