2009年06月24日

ねんきん特別便、未処理が669万人分

「ねんきん特別便」について、年金記録の訂正が必要かどうか調査が終了していない回答が今年3月末現在、669万人分あることを明らかになった。
うち186万人についてはまだ各地の社会保険事務所で調査中という。多くは受給者分だが、手つかずのものも少なくないという。

さらに申告なのが、記録が訂正されたものの、年金額を再計算する再裁定の手続きが進んでいないこと。
社会保険庁は人員を増やして対応しているが、記録が訂正されてから、1年以上待っても増えるはずの年金が振り込まれてこない状況が続いている。
posted at 00:43 | 最新ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。