2013年06月14日

国民年金保険料の2年分前払い

厚生労働省は国民年金の保険料で、2年分の前払いを2014年4月分から認めることにしました。保険料をまとめて前払いすると割引になる制度で、現在は1カ月分と6カ月分、1年分があります。1年分の場合の割引額は年間3,780円、2年分は2年間で1万4千円程度割り引かれます。支払い方法は口座振替のみとする予定。低迷する納付率の改善につなげる狙い。

若者を中心に未納問題は根強く、2011年度の国民年金の納付率は過去最低を更新しました。厚労省としては前納制度のお得感をアピールして、納付率の改善につなげたい考え。ただ、低所得者には一度に30万円を超える納付は難しいとの指摘もあります。

2013年度の保険料で計算すると、本来の納付額は36万960円だが、2年分の前払いをすると34万6600円の支払いで済む。



【PR】セクハラ対策ガイド・・・職場のセクシャルハラスメント対策は事業主の義務です。
posted at 16:12 | 最新ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。