2007年05月26日

転職経験のある人

今回の年金記録漏れ問題で一番多いのは、
若い頃に転職をして、年金番号を複数持っているケース。
転職を繰り返したり、その間に国民年金に加入していたりして、
年金番号を複数持っている人が多いわけです。

難しい年金のことは会社任せにしていて
年金加入者証や年金手帳を無くしてしまった人が
どれだけ多いでしょうか。

この場合は自分の氏名、生年月日、過去に努めた会社名とその所在地、
おおよその加入期間が一致すれば、
細切れの加入記録をすべて統合してもらえます。

それなのに、過去の記録が曖昧だったため、
裁定請求時にも統合されずに
宙に浮いてしまった記録がたくさん残っているわけです。
posted at 09:59 | こんな人は要注意!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。