2008年02月03日

年金端末、社会保険労務士に一部開放

厚生労働省は「ねんきん特別便」に関する相談に迅速に対応するため、
原則として社保庁職員のみが使用できる年金記録管理システムの端末を、
社会保険労務士にも一部開放することを決めた。

全国47都道府県の社会保険労務士会にシステムと直結した端末を用意し、
年金記録問題に官民が協力して対応する体制が整う。

詳細はまだはっきりしないが、我々社会保険労務士が今まで以上に
年金相談に積極的に関わり合いが出来るようになる。

posted at 13:30 | Comment(0) | 最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。